新潟ご当地ナンバーの図柄を紹介!

  • LINEで送る

いよいよ新潟でも2018年10月から自動車の図柄入りご当地ナンバーの交付がスタートしました。

カラーのイメージがあるご当地ナンバーですが、実はモノトーン版もあるの知ってました?

新潟ご当地ナンバー

ご当地ナンバーは「富士山」などの地名の入ったナンバープレートからスタートしました。

新潟県は地名版からではなく図柄入りのご当地ナンバーとして2018年10月1日から交付開始となりました。

実物のナンバープレート(見本)で図柄や色合いをチェックします!

新潟ナンバーのご当地ナンバー図柄

登録車(普通車)

新潟ご当地ナンバー

軽自動車

新潟ご当地ナンバー軽自動車

新潟ナンバーの図柄は、万代橋の夕焼けと羽ばたくトキで新潟らしさを表現したデザイン。実物を見てみましたが、キレイな夕焼け色が印象的です。

デザインされた方は、東京都の小川清勇さん(グラフィックデザイナー)。

小川さんはこのデザインを次のように説明されています。

萬代橋の夕焼け、そこに象徴的に朱鷺を飛ばすことで、新潟らしさを表しました。
萬代橋は、川面に映っているイメージにし、夕焼け、朱鷺を飛ばすことで全体が一体になるようにデザインし、情緒的な印象になるようにしました。

カラーのイメージが強い図柄入りご当地ナンバーですが、実はモノトーン版もあります。

モノトーン版の新潟ご当地ナンバーがこちら。

モノトーン版

新潟ご当地ナンバーモノトーン

ちょっと離れたら、図柄入りのナンバーだって分からないかも。

図柄入りのご当地ナンバーですが実は、寄付金を1,000円以上することでカラー版が選べるるようになります。

寄付金をしないとモノトーン版のご当地ナンバーになります。

ちなみに寄付金は、ご当地ナンバー導入地域の交通改善、観光振興の取り組みに充てられるそうです。

長岡ナンバーのご当地ナンバー図柄

登録車(普通車)

長岡ご当地ナンバー

軽自動車

長岡ご当地ナンバー軽自動車

長岡ナンバーの図柄は、夜空に打ち上がる3つの花火で長岡、片貝、柏崎の「越後三大花火」を表したデザイン。色数が多く実物のナンバープレートも華やかな印象です。

デザインされた方は、大阪府の福添歩美さん(グラフィックデザイナー)。

福添さんはこのデザインを次のように説明されています。

長岡市といえば、全国的に有名な日本三大花火大会の一つである「長岡花火」をモチーフに世界・未来へ平和への思いを繋ぐ花火を美しくデザイン致しました。

もちろん長岡ナンバーにもモノトーン版があります。

モノトーン版

長岡ご当地ナンバーモノトーン

上越ナンバーのご当地ナンバー

新潟県では「新潟」、「長岡」の2つの陸運局で管理されており、現在「上越」ナンバーは現在ありません。

ですが、条件を満たせば地名の入ったナンバープレートを作ることができます。

上越地域では2017年6月から既に動き出しており、2020年度には図柄入りの「上越ナンバー」が誕生する予定です。

既に図柄の公募は終了していますが、249点の応募がありました。応募作品の一部をご紹介します。

北陸新幹線とマゼランペンギンの応募作品

上越ご当地ナンバー案1

妙高山、まが玉、上杉謙信の応募作品

上越ご当地ナンバー案2

先日、ご当地ナンバー導入検討委員会は応募案を5点に絞り込みました。この後、地元住民による人気投票が10月下旬から11月中旬まで行われます。

特別仕様のご当地ナンバー

2019年にラグビーワールドカップ2019、2020年に東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会が開催されます。

これを記念して「ラグビーワールドカップ特別仕様ナンバープレート」、「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会特別仕様ナンバープレート」が発行されています。

ラグビーワールドカップ特別仕様ナンバープレートーの図柄

ラグビーナンバー

交付は2017年4月から始まっていますが、申し込みは2019年11月29日まで。

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会特別仕様ナンバープレートの図柄

東京2020大会特別プレート

デザインコンセプトはこちら。

様々な人々の個性(色)を尊重した未来の社会への希望を集約する光の表現としてイメージ、その様を多彩色のグラフィック表現でデザインした。

交付は2017年10月から交付が始まっていますが、申し込みは2020年9月30日まで(予定)。

特別仕様のナンバープレートですが、実は軽自動車がモノトーン版を選ぶと、白い背景のナンバープレートになります。

軽自動車で黄色いナンバーを嫌う方が多く、軽自動車の白ナンバーが急増中のようです。軽自動車も最近大型化しているので、なんだか誤解しちゃいそうですね。

原付の新潟ご当地ナンバーもあるぞ

自動車ではありませんが、ご当地ナンバーは原付でもあります。

五泉市ご当地ナンバーの図柄

五泉市ご当地ナンバー

ご当地キャラの下に名前入りって、ビミョーな感じ。

三条市ご当地ナンバーの図柄

三条市ご当地ナンバー

三条市の花「ヒメサユリ」を配したデザイン。

刈羽村ご当地ナンバーの図柄

刈羽村ご当地ナンバー

刈羽村の特産品である「砂丘桃」が美味しそう。

十日町市ご当地ナンバーの図柄

十日町市ご当地ナンバー

デザインされているのは、十日町雪まつりキャラクター「ネージュ」。

上越市ご当地ナンバーの図柄

上越市ご当地ナンバー

上越市の春を華やかに彩るサクラと、「上越忠義隊けんけんず」が愛らしい。

糸魚川市ご当地ナンバーの図柄

糸魚川市ご当地ナンバー

糸魚川ジオパークのマスコット、奴奈川姫(ぬながわひめ)「ぬーな」を配したデザイン。

新潟ご当地ナンバーまとめ

自動車は始まったばかりの新潟ご当地ナンバーですが、新潟日報の調べによると10月1日までに新潟は173台、長岡ナンバーは236台の申し込みがあるそうです。

今乗っている自動車のナンバーをご当地ナンバーに変更することも可能ですが、新潟ナンバーの方は長岡版の図柄を選びたくても選べませんのでご注意を。

  • LINEで送る

SNSでフォローできます

コメントを残す

*