新潟県燕市「下町ロケット ロケ地マップ」公開

  • LINEで送る

みなさん日曜劇場「下町ロケット」見てました!? 最終回の視聴率はなんと16.6%!

大人気の「下町ロケット」ですが、昨年新潟県燕市でロケが行われてたことご存知でした?

燕市がロケ地巡りを楽しんでもらえるよう、「ロケ地マップ」と「特設サイト」を作成していますので、ご紹介します。

「下町ロケット」ロケ地マップ

下町ロケット_ロケ地マップ
「下町ロケット」の舞台となった新潟県燕市。

佃製作所を支える大番頭・殿村部長の実家が燕市の米農家という設定です。

燕市をちょっと紹介
燕市は金属洋食器国内シェア90%以上を誇るものづくりのまち。その評価は高くノーベル賞晩餐会で使用されるほど。個人的にオススメなのが洋食器ではなく爪切り。一生モノの爪切り「SUWADA」の切れ味をぜひ一度味わってみて。
SUWADA爪切りブラックL&メタルケースセット

9月下旬から12月まで市内各所にて撮影が行われました。

そのロケ地巡りの旅として作成されたのが「下町ロケット 燕市 ロケ地マップ」。

100881581
PDFダウンロードはこちらから(3.73MB)

7ヵ所のロケ地情報のほか、ドラマに登場した食べ物や地元のオススメグルメ、「ものづくりのまち」燕市の魅力などを紹介されています。

そして何よりご紹介したいのが「下町ロケット×燕市特設サイト」。

燕市ロケ地マップでは伝えきれない各エリアの紹介や撮影時のエピソード、6日間にわたる大規模ロケに集まった合計8,000人を超えるエキストラの皆さんの声など、情報満載のサイトですのでぜひチェックしてみてください。

下町ロケット×燕市特設サイト

そうそう燕市の公式ホームページでも「下町ロケット 燕市 ロケ地マップ」を紹介する燕市の力の入れようです。

燕市公式ホームページ

  • LINEで送る

SNSでフォローできます

コメントを残す

*